プロフィール

江戸川と金

  • Author:江戸川と金
  • 後悔先に立たず・・・何事も納得のいく決断を!! こうと決めたら迷わない将棋を指したいと思います。(`・ω・´)シャキーン!!

むすめです(*^_^*)

小学校3年生になりました!!

スライドショー&ピアノ発表会

娘のピアノ発表会

娘のピアノ発表会PART2

トータル訪問者数

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

CalendArchive

江戸川と金流の「書」その1

息子の名前の一字です

江戸川と金流の「書」その2

娘の名前の一字です

リンク

このブログをリンクに追加する

思い出の対局コーナー

Flashリバーシ

算数力トレーナー

最近のコメント

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

江戸川と金の「将棋随想録」
      将棋関連の話題や問題を主流としたブログ。
全県将棋大会part3
 さて、昨日の私の将棋の内容をお話ししたいと思います。
 予選1回戦は県北の強豪で、本大会優勝経験を持つO畑4段。
 私は後手番ながら升田式石田流に組みました。そして、最近はほとんど指さなくなった33桂型からの14角打を敢行しました。
 なぜこの手を指したかというと、Bonanzaで研究していると結構この手を色んな局面で指すので、真似をしてみたかったからです。
 しかし、読みの裏付けがほとんど無かったため、O畑4段にじっくり2枚金で仕掛けを封じられてしまいました。(;´Д`)ウウッ
 中盤からほとんど勝ち目のない将棋を延々と指させられた挙げ句、駒損もひどいため完封の惨敗という結果に。(゜Д ゜メ) ガルルルル
 やはり何事もちゃんと読みの裏付けが無ければ駄目ということですか・・・。(*^▽^*) ハハハ!!

 次の予選2回戦は、今大会出場者最年少9歳のS村初段です。
 こんな小さな子と全県将棋大会で対局したことは初めてですが、一応勝負なので気を引き締めて戦いました。
 戦型は相振り飛車で私の後手番。S村初段はいきなり4間飛車から角交換をしてきました。w(゜o゜)w
 力将棋になったこの将棋は、どうも中盤辺りから私の方が良くない感じでしたが、終盤入り口から相手の疑問手が出始めたため何とか勝つことができました。
 今回は私が勝ちましたが、来年はどうなってるか分かりません・・・。σ(^^;)ポ リ ポ リ
 S村初段の今後を期待しています。(`・ω・´)シャキーン!!

 そして予選3回戦は代表を決める大事な一戦です。
 相手はT橋3段。2月の支部対抗戦決勝戦で辛酸をなめさせられた方なので、心の中では「絶対リベンジだ!!」と叫んでおりましたが、口にすると気負いになるので黙っておりました。
 相振り飛車戦となった本局については棋譜掲載したいと思います。
 2勝1敗で何とか予選を抜け、今度は本戦トーナメントに入ります。

 1回戦は抽選のいたずらか、地区予選も同じ毒舌4段との対戦に決まりました。(゜Д ゜メ) ガルルルル
 もうちょっと後での対局なら良いのですが、いきなりの対戦はどうも気が進みません。(-_-;)
 それでも勝負ですから全力を尽くすつもりでいたのですが・・・。
 
 対局内容はと言いますと、まず先手番の毒舌4段がいきなり26歩です。w(゜o゜)w
 これはよほど私の石田流を恐れているのでしょう。( ̄ー ̄)ニヤリッ
 対する私は、これもBonanzaで何度か指したことがある35歩型の四間飛車にしました。しかし前述のO畑4段戦のように、ただ単に形だけで指したに過ぎないため序盤から速攻を仕掛けられ劣勢に・・・。(;´Д`)ウウッ
 苦しい将棋もなかなか好転せず、しかも毒舌4段は終盤も強いため逆転が望めそうもなく、わずか57手で投了・・・。(・_・、)

 今回の反省点は、やはり形だけに拘らず読みの裏付けをしっかりしてから指すことだと思います。
 コンピュータ将棋のように指せれば確実に勝てるのですが、如何せんスタンハンセン、人間が間違わずに指すことが不可能だということを忘れていました。σ(^^;)ポ リ ポ リ
 やはり自分なりの自分らしい将棋を指すしかないようですね。(*^▽^*) ハハハ
 最後に予選3回戦の棋譜をアップします。



テーマ:将棋 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する