プロフィール

江戸川と金

  • Author:江戸川と金
  • 後悔先に立たず・・・何事も納得のいく決断を!! こうと決めたら迷わない将棋を指したいと思います。(`・ω・´)シャキーン!!

むすめです(*^_^*)

小学校3年生になりました!!

スライドショー&ピアノ発表会

娘のピアノ発表会

娘のピアノ発表会PART2

トータル訪問者数

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

CalendArchive

江戸川と金流の「書」その1

息子の名前の一字です

江戸川と金流の「書」その2

娘の名前の一字です

リンク

このブログをリンクに追加する

思い出の対局コーナー

Flashリバーシ

算数力トレーナー

最近のコメント

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

江戸川と金の「将棋随想録」
      将棋関連の話題や問題を主流としたブログ。
第2回電王戦終了!!
 とうとう第2回電王戦が終了しました。なんか心にポッカリ穴があいたように、空虚感や寂しさでいっぱいなのは私だけではないはずです。(・_・、)
 これほど心躍らせた、また、マスコミュニケーションが注目したイベントはなかったでしょう。(゜Д ゜メ) ガルルルル

 将棋はどちらかと言えば世間的に地味なイメージがありますが、その魅力に取り憑かれた者にとっては下手すると仕事以上に大事なものとなります。それほど将棋の魅力は底知れないということです。(`・ω・´)シャキーン
 まあ、これは将棋を指さない方には全く分からない世界だと思いますが・・・。σ(^^;)ポ リ ポ リ

 それにしてもこの電王戦を企画したドワンゴという会社と故米長永世棋聖は、全く持って素晴らしいイベントを世に出してくれました。W(゜o゜)w
 団体戦という企画は、前回の電王戦の一発勝負に比べて何戦も観戦することができ、しかもニコニコ動画に無料登録するだけでよいという見事な一手も加わり、本当に素晴らしい企画だったと拍手喝采を送りたいと思います。

 ここで、私なりに思ったことを局ごとにまとめました。
 ホントに私が感じたことを書いただけですので、違和感を感じたとしてもあまり気にしないでください。

第1局 【勝】阿部光瑠 四段 vs 【負】習甦
 この対局は東北出身のプロ棋士が出場しましたので、何が何でも勝ってほしかったという記憶があります。そして今改めて、コール君は天才的な天然系だと思いました。
 特に今日の全体記者会見を見て確信しました。(*^▽^*)
 ホントこの子は大物なんだなぁ・・・。青森県は素晴らしいプロ棋士を輩出しましたね。

第2局 【負】佐藤慎一 四段 vs 【勝】Ponanza
 この対局もプロが勝つのではと思いました。それは第1局のプロの勝ち方があまりにも余裕があったからです。
 対局の進行も予想通りプロが優勢をを維持して終盤へ。ところがそこで事件は起きました・・・。W(゜o゜)w
 一手しっかり受けていればおそらくコール君同様安泰勝ちだったでしょう。
 でも、ソフトの強さは折り紙付きでしたので、たった一手で逆転することは予想されることでした。

第3局 【負】船江恒平 五段 vs 【勝】ツツカナ
 前局でソフトの強さが全国に周知されることとなったため、プロ棋士にとっては結構プレッシャーが重くのしかかったと思いますが、さすがプロです・・・中盤までは優勢に。
 しかし終盤に入ってからまたも事件が・・・。W(゜o゜)w
 残念ながらプロの2連敗となりました。

第4局 【分】塚田泰明 九段 vs 【分】Puella α
 これは皆さんご存じの涙の持将棋となりました。
 結果や指し方を云々言うのは、言いたい奴に言わせておけばいいと思います。
 塚田九段がなぜ涙を流したか・・・。将棋を本当に愛する将棋ファンなら何も言わずとも分かると思います。
 でも敢えて言いますが、塚田九段のプレッシャーたるやどれほどのものか・・・。(;´Д`)ウウッ
 おそらく、負け越し決定のまま最終戦へ繋ぎたくないという気持ちでいっぱいだったと思います。そのことを考えると自分も塚田九段とともに涙を流してしまいました。
 でも、その後の記者会見で田中寅彦さんが言った「塚田さんよくやってくれました。」と笑顔で話したのはかなり水を差した感が否めません。(-_-;)
 気持ちは分かりますが、もっと別の表現でコメントして頂きたかった・・・。
 プロの面目丸つぶれのような感じを受けたのは私だけでしょうか?(;´Д`)ウウッ

第5局 【負】三浦弘行 八段 vs 【勝】GPS将棋
 この対局に関しては、A級棋士が出てきた時点で私は三浦八段を最高の棋士と崇拝しております。もはや結果がどうのこうのではありません。
 この電王戦がなぜ盛り上がるのか・・・。それはA級棋士が出場するからです。
 本当にお疲れ様でした。(*^_^*)

 この第2回電王戦は、ソフト開発者の方の記者会見での発言も好感が持てました。
 開幕のステージでは結構好き放題なことを話していたのですが、最終の記者会見ではやはりプロ棋士への尊敬の念も込め、人として常識のある発言をしていました。W(゜o゜)w
 将棋に携わる人間がこうも立派な振る舞いをするところを見ると、私も将棋をしていて良かったなとつくづく思います。

 それから今思い出したのですが、今回の電王戦の結果を見事予言していた男がいました。
 それは、私がこれまで幾度となくブログで紹介してきたK松毒舌4段です。(-_-;)
 何を根拠にそんな予言をしたかと言えば、「引退したとは言え、米長永世棋聖の序中盤は天下一品。それに勝ったソフトに今のプロが勝てるわけがない!!」ってな具合に吠えておりました。
 さすが毒舌4段です。やはりあなたが一番強いです。ちゃんちゃん!!

 今回の電王戦の詳細サイトはこちら→http://ex.nicovideo.jp/denousen2013/result.html



テーマ:将棋 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
こんばんはです。^±^ノ
コンピュータ、強すぎですね。^±^
今後は戦うことより、研究の対象として使いこなすようになるのかも。
それがベストかもですね。
まあ、コンピュータは、どんなに勝っても奨励会に入ることも出来ないでしょうから。^±^
阿部選手、唯一コンピュータに勝ったのですから、強いってことですね。^±^

でも昔、羽生さんが7冠のころ、
「いずれ近いうちにコンピュータが人間を抜く」といってたのを思い出しました。

うーん、パソコンのハム将棋が強くなったらヤダナア。^±^;…弱いから腹いせにしてるのに←腹いせかよ
「腹いせ」とは大人気ないな!(゚Д゚)ノx±x
【2013/04/22 00:41】 URL | てくっぺ #fyIlrrUI [ 編集]

てくっぺさんへ
まさか三浦八段があんな負け方をするとは思いませんでした。
仕掛けの局面も過去に実戦例があったそうです。
しかもその対局者は「塚田泰明vs田中寅彦」と言うのですから二重の驚きです。w(゜o゜)w
将棋の奥深さをコンピュータから教わった感じですね。σ(^^;)ポ リ ポ リ
【2013/04/22 03:29】 URL | 江戸川と金 #jBA0PM6k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する