プロフィール

江戸川と金

  • Author:江戸川と金
  • 後悔先に立たず・・・何事も納得のいく決断を!! こうと決めたら迷わない将棋を指したいと思います。(`・ω・´)シャキーン!!

むすめです(*^_^*)

小学校3年生になりました!!

スライドショー&ピアノ発表会

娘のピアノ発表会

娘のピアノ発表会PART2

トータル訪問者数

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

CalendArchive

江戸川と金流の「書」その1

息子の名前の一字です

江戸川と金流の「書」その2

娘の名前の一字です

リンク

このブログをリンクに追加する

思い出の対局コーナー

Flashリバーシ

算数力トレーナー

最近のコメント

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

江戸川と金の「将棋随想録」
      将棋関連の話題や問題を主流としたブログ。
第20期竜王戦第5局
 竜王戦第5局目、渡辺竜王防衛!!っと思いきや逆転負け・・・。(;´Д`)ウウッ
 それにしても佐藤康光棋聖の粘りは素晴らしいのひと言です。(*'‐'*) 最後は入玉してしまいましたが、見応え十分の熱戦だと私は思います。(`・ω・´)シャキーン 棋譜を見れば誰でもそう思うでしょう・・・。( ̄ー ̄)ニヤリッ
 棋譜
ものぐさなのか・・・(-_-;)
CIMG0275.jpg今日の午前中、仕事で現場を色々回っていたらふと前を走っている車に違和感を感じました。確かにここ4~5日は冬型の天気で雪が降り続いています。
しかし、なんだこの車に積もっている雪は!!(▼_▼〆)
車の前後左右はきれいに雪を払っているのに、なぜ上だけこんなに残しているのだ~~~!だらしないのか忙しかったのか分かりませんが、いずれ車の中が暖まってきたときにブレーキを踏むと、「ドサッ」とフロントガラスに落ちてきて、ワイパーが雪の重さで動かなくなるのは目に見えています。( ̄ー ̄)ニヤリッ 私が思うには、ただ単にものぐさなだけだと思いますがね・・・。ニャハハ (*^▽^*)
ところで、竜王戦第4局はまたもや渡辺竜王が勝ちましたね。これで3勝1敗となり、初の4連覇がいよいよ濃厚となってきました。(`・ω・´)シャキーン
第20期竜王戦中継ブログ
また雪かよ・・・
20071121124428.jpg大雪の予感です・・・。
今からやたら降り続ける雪ですが、来週あたりからは一旦収まるようです。
いずれにしても、今年は「ラニーニャ現象」のため大雪になるだろうとかなり前から気象庁から予報が出ていましたので、それなりの覚悟はしているつもりですが、やはり雪が降るとよけいな仕事がわんさか増えるため気が重くなります。早く春になってくれ~~~!!
第20期竜王戦第3局
 渡辺竜王がまた1つ勝ち越しました。これで2勝1敗となった訳ですが、まだまだ勝負はこれからです。今後の展開が楽しみです^^。
 さて、この第3局のハイライトはなんと言っても118手目に渡辺竜王が指した「37桂」でしょうね。何もないところにポン!と打ったこの桂馬・・・。決め手は他の手のようでしたが、我々アマチュアはどうしても派手な手に目が行ってしまいますからね^^;。見(魅)せてくれますなぁ~。
 
竜王戦中継サイト

テーマ:囲碁・将棋・チェス - ジャンル:趣味・実用

赤旗名人戦
 すごいですね~・・・。武田さんが赤旗名人戦で優勝しました^^。元々は秋田県出身の方でして、高校に入った頃からメキメキ強くなり、今はもう雲の上の存在ですね。
 とにかく素晴らしい!!おめでとうございます。
 掲載記事
東北将棋大会大仙市長杯争奪戦
 11月10~11日と将棋大会の運営ですっかり体をおかしくしてしまいました・・・(;´Д`)ウウッ。昨日は汗ばっかりかいていたので、家に帰って体重を量ったら2.5Kgも減っており、しかも胸がちょっと苦しくなりましたが、今日はどうにか大丈夫のようです。
 午前中に支払いを終えて(もちろん年次休暇を取りました^^;)午後から職場へ向かった訳ですが、汗かきは今日も続いているようでちょっと動くとすぐ汗をかいてしまいます。もともと汗かきなのでそんなに気にしませんが、間違いなく中年なのであまり無理しないようにしたいと思います。(-_☆)キラ~ン
 

 さて、将棋大会の結果はと言いますと、私がいつも訪問している「将棋普及ネット」をご覧になった方が詳しい事を掲載しております。
 決して自分で掲載するのが面倒くさい訳じゃなく、専門家の記事が見やすいと思ってのことですのでお許しを・・・。σ(^^;)ポ リ ポ リ
 大会結果の詳細は⇒
 ここ

近将道場観戦記「穴熊の優秀性!」
 いやいや・・・更新が滞っていましたなぁ。(-_-;) 忙しいのは自分だけじゃなく周りも忙しいので言い訳にはなりません。ただ単に面倒くさがってただけなのかもしれません。(;´Д`)ウウッ
 NHK杯将棋トーナメント戦で、羽生先生が大逆転勝ちを収めた棋譜をネットで探していたのですが見つけることができませんでした。ダビングをしていたものを1度見たのですが、まさか終盤に大どんでん返しがあるとは思わなかったので、後でまた最初からじっくり見るつもりでいたら既に消してしまっていたのです^^;。
 と言う訳で、今夜近代将棋道場で観戦していた将棋を掲載したいと思います。
 先手:居飛車穴熊-後手:石田流という布陣で、振り飛車がうまく捌いて必勝かなと思っていたら、居飛車穴熊の玉の遠さを生かした攻めが結構厳しく、終盤では振り飛車側に即詰みの順が生じたほどです(84手目の局面)・・・が、H三段は気が付かず結局石田流の勝ちとなりました。(2種類の詰みがあります。)
 しかし、この一局を見て「穴熊戦法」の特長を再認識させられ、ますます穴熊戦法を多用したくなりました。
 (⌒▽⌒) ケラケラ

テーマ:囲碁・将棋 - ジャンル:趣味・実用